新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。ですが、留意すべき点もあるのです。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療可能になっています。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けることも十分あり得ます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

参照元