浮気をしている事がSNSを通じて見つかることもあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるので注意不足で相手が、プライベートを事細かに書いてしまう事が多発しているように思われます。

場合によっては、浮気を裏付けるような記載を記入している場合もあるのです。

ユーザーIDを見つけたなら検索してみて下さい。自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料をもらうことはできません。

慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、歳や婚姻年数など様々な角度から検証して裁判官が判断します。

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を続けていいのかどうか迷って決められないですよね。

ひとまず冷静になって、人探し事務所に依頼の電話をかける前に、よく考えておくことが賢明です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚してしまうのも一つの案です。結婚している相方が、浮気しているときでも結婚生活を解消したくないのなら密会の場面に行こうとするのはやらないほうが無難です。

浮気していることを指摘された結果、妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、別れなければいけなくなってしまう可能性を否定できません。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、ひどくイライラさせられてしまいます。

人探しが尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。

言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く、多ければ多いほど高くなります。

そして、尾行時に車とかバイクで行う場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認するべきでしょう。カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。

カーナビにある履歴を確認し、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられることがあります。あまり見たことのないところの履歴があった場合、気を付けてましょう。それに加えて、しばしばもしガソリンを入れていたら、車を用いてデートされているかもしれません。不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談することをオススメします。

離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談するべきです。

不倫の証拠を掴みたいのなら、人探しや興信所に相談するべきです。

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、後で噂になりたくないなら、絶対にやってはいけません。人探しの浮気調査の場合でも時には失敗することもあります。人探しは浮気調査において精通しているとはいうものの、思わぬミスをすることが全くないことは全くありません。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。加えて、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠を入手しようがないです。夫が浮気しているところを奥様がつかまえてとんでもない修羅場になってしまうのは、小説やドラマでしばしば目にします。

夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、傷害・殺人まで起きるというサスペンスドラマも少なくありません。

浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。

離婚も辞さない覚悟なら、実行する余地はあるかもしれません。

動き方を書き留めておくことで浮気を実証できる場合もあるのです。日々の人間の行動には、ほぼ習慣ができます。

しかしながら、浮気をしている人は、決まったパターンが崩れます。

その曜日や時間帯に着目し、断定ができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

人探しが気づかれないようにしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、調査対象が警戒を強めてしまって証拠集めがやりにくくなり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。たとえ探偵が浮気調査をしても、確実に証拠が手に入るわけではないのです。

成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査を始める前に契約書に盛り込むことが必要なのです。

携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。

理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として使われるのが当然だからです。

近年、メールやラインで連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。

そのため、何気なく電話することは否定できないのです。浮気の証拠を握るためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。

でも、人探しへ依頼すると費用が高くつきますから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。人探しへの浮気調査の依頼は、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所が変われば価格はそれぞれ異なるので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

費用を節約して浮気調査をするには、できる限り事前に自分で調査を済ましておくようにしましょう。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。毎日、パートナーの行動記録を付けておけばいいのです。

毎日、出勤していった時間や、帰宅した時間、電話で誰かと通話していれば、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。格好をチェックすることで浮気の裏付けをすることもできます。

浮気をすると、明確に分かるのは着る洋服の違いです。

おしゃれにはこれまで疎かったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったらよく見ることが重要です。今後、浮気をしそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。

興信所と探偵事務所の違いとしては、別段変わりは無いと言っても言い過ぎではありません。

共に、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような似たような仕事をしています。でも、違いがあるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、個人は探偵に頼るようです。

依頼された調査だけをきちんとやる人探しならばいいということではありません。

浮気の実態を調査し始めると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。

そんな状況になった時に、依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。

信頼できる人探しの見分け方は、相談する時の様子などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。浮気調査の第一段階ですべき事は、不倫相手の存在を明らかにする事です。

不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。不倫相手の存在が確かになれば次は不倫相手を調査となります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。

よく着る服装が変化してきたら、怪しいです。

浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。

突如、年よりも若めの色柄の格好チョイスしてきたら、非常に危険です。

その中でも特に、趣味の良い下着をはくようになってきたら、浮気の可能性があります。探偵に浮気調査をお願いして、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。

相手が信頼できなくなってしまったら一生を共にするのはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。また、配偶者の不倫相手に慰謝料の請求をしておけば確実に別れさせることもできるはずです。

本人に気づかれないようにして、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。

浮気現場の写真を撮ったとしても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠にはできません。浮気の調査を人探しに任せると、非常にコンパクトなカメラを使って相手にバレないようにはっきり判別できる写真を撮ります。

人探しの特徴としては、誰かに不審に思われないよう充分に用心しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、まず身分を明かしておいて表立ってリサーチを行うようです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収集は興信所が上手いと見てよさそうです。

GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに装着して、移動の様子を常時監視し、現在地を確認したり記録されたデータを後で読み出し様々な分析をすることも可能です。あまり、車を運転しない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

これで、相手がどこに立ち寄ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。探偵をバイトでしている人のいる事例がございます。

探偵をするアルバイトを検索してみると、求人情報が表示されます。

ということは、バイトを使っている人探し事務所もいくつもあります。浮気について調べるように言うときには、個人情報を教える必要があります。

でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。地図上の場所がわかる機械を用いて、良く行く場所を調べて、良く見える場所で観察し続けると、パートナーが現れるはずですから、その実態を把握することは可能です。懐具合が心もとないときには、地図情報システムで調査するのも、ひとつの方法ではあります。

その機械を付けている事が発覚することがあります。

法律的に、結婚している男女がパートナー以外の人と自分の方から性的に親密になることを不倫と定義しています。

ということは、法に従えば、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではありません。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を要求しようとするのなら、まずは相手のことを知らなればなりませんし、間違いのない、裏切りの数々を手に入れなければ駄目です。

その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を捉えてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を用意してくれるでしょう。

日常生活の中で、相手の行動を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を手に入れるためには、経験豊富なプロである人探しにお願いした方がトラブルなく、確実に結果が得られます。そして、探偵に頼む場合、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。食事をした際に店で発行する領収証にはお通しの注文数から同席していた人の数が書いてある事があるので、不倫と決定づける参考資料となります。かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月ごとに点検するようにします。

仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、浮気相手と宿泊したと見られることがあるのです。

もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、調べる時間が少なくて済むので、調査にかかるお金は少なくなります。

といっても、いつ浮気をしているのかを気づいている場合でも、知人に相談して写真を撮るようにすると、無駄足になることが多いでしょう。

ひそかに証拠を握りたいときにはプロに任せるのが一番でしょう。

参照元