浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。不倫行為が確実ではない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。調査により浮気が確定した場合に、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。

尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確かめるのです。もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を望むのであれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を突き付けられるようにしないといけません。もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、適切な形で裁判にでも通用するように、用意してくれるでしょう。探偵が浮気調査を行う時でも失敗することがないことはないのです。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗しない保証が少なからずあります。相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。それか、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を掴みきれません。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで修羅場と化すシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。

妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、相手を刺したり、殺してしまうプロットもサスペンスにはありがちです。

浮気の現場を直接つかまえるのも方法としてアリです。

離婚も辞さない覚悟なら、実行する余地はあるかもしれません。

相手が全然知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要とされる技術および機材があります。

せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと証拠にはできません。

浮気調査を探偵が依頼されたときは、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気のことがわかるものをつかむ事もできる可能性があります。

いつもなら立ち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回見かけるようになったら、その近辺に普段から向かっていることになるでしょう。

その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。

しょっちゅう同じ電話番号からまた、掛けているまた掛けていたりするとその相手が浮気相手であるという可能性は大いにあるでしょう。

それがわかったら電話番号の主を断定することができますね。

ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。浮気調査は第三者に任せるべき理由は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまうかも知れません。普段は冷静でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が過去にも多いのです。

余計な厄介ごとを増やさないためにも本来の目的を達成するためにも、専門家である人探しに依頼するべきでしょう。

成功報酬の条件で浮気調査を人探し事務所に依頼したら損しないかと言うと実際にはそうでない場合もあります。

成功報酬ならば一般的な感覚としては結果として不成功となった場合、報酬を払わずに済みますからシステムとして依頼者が得するという感じがします。そのため、成功報酬の人探し事務所に特定して、求めているような人がいます。

食事をした際に店で発行する領収証には定食の数から一緒にいた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気をしていたと判断する材料になります。

ほかに、クレジットカードで決済した時は月々チェックするようにします。仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と過ごしていたと判断される事があります。妻又は夫が浮気していることが明らかになっても結婚生活を解消したくないのなら密会の場面に行こうとするのは避けましょう。浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、別れなければいけなくなってしまう可能性を否定できません。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、大きく消耗することになります。

日々の生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことは他人に頼まなくてもできますが、ごまかしきれないような浮気の証拠を掴む場合には、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。そして、人探しをお願いした場合は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は経験豊富な人探しに頼んだほうがいいでしょう。探偵にお願いすると、欲しい浮気の証拠がつかめます。

自ら浮気調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

でも、パートナーを問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。そのため、確実な証拠というものが必要になります。

浮気の証拠を握るためには、人探しに浮気調査をしてもらうのが一番確実です。ところが、探偵に頼むと調査料金も安くはないですから、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。

探偵さんへの浮気調査の依頼には、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所の違いでお値段は違ってくるので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。浮気である証拠をカーナビによりつかめます。カーナビにある履歴を確認し、浮気相手と車でデートしたところを見つけられることがあります。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意する必要があります。そして、何度ももしもガソリンが入れられていたら、デートを車でしている可能性があるかもしれません。離婚を覚悟の上で、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

けれども1人で踏み込むと、大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するのがベストだと思います。

運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、移動の様子を常時監視し、現在いる場所を把握したり、記録されたデータを後で読み出し行動を確認することができます。

車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

これで、相手がどこに立ち寄ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。浮気の形跡がSNSを介して見つかることもあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでついうっかりパートナーが、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事がしばしば見られます。場合によっては、浮気を裏付けるような記載を記入している場合もあるのです。

アカウントを認識しているのなら読んでみて下さい。

人探しの仕事は依頼された調査を行えばいいのではありません。

不倫をしているのか調べていくと、トラブルが発生する可能性があります。

そういう時に、一番に依頼人のことを一番最初に考えてくれる探偵が信用できる人探しということです。

信頼してもいい探偵なのかは、お話を進めるときの印象などでよく考えて判断するようにしてください。探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚の必要性については考えるべきでしょう。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。

養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。

男手一つで育てることも、また同様に仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

浮気調査に必要な期間は、平均で3〜4日かかるといわれています。

とはいっても、これはあくまで一般的な期間です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあるのです。

逆に、怪しい日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

探偵の特徴としては、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、自分の目的を話して表立ってリサーチを行うようです。

探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、興信所の方は情報収集に向いていると考えることができます。あまり無いのではないかと言ってもよろしいでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、仕事内容は類似しています。

ただ、差があるとしたら、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは人探し事務所に行っています。浮気調査の費用節約というと、自分でできる範囲までは事前に調査をすることでしょう。調査と聞くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありません。毎日、パートナーの行動記録を付けておけば立派な調査資料になります。

毎日、仕事に出る時間、帰ってきた時間、電話が掛ってきた場合は、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は低いです。

それに、不倫した相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要とされます。

第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。成功報酬で料金設定をしている人探し事務所は、調査が成功しなければ調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。そのため、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。調査に対するこれまでの実績などもチェックして、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼すると安心です。法律上では、既婚者がパートナー以外の人と自分の方から性的に親密になることを不貞と定めています。

ということは、法律の中では、肉体関係を持っていない場合には、一緒に時間を過ごしていたとしても、浮気とはいえないということになります。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

GPSが繋がるものを使って、行きつけの場所の情報を探して、見張っていれば、必ず来るはずなので、不埒な行為を押さえることができるでしょう。懐具合が心もとないときには、端末などで調べるのも、試してみたいやり方です。

ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう事があります。

一般に、人探しが尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。

言うまでもありませんが、調査員が1人であれば安く、多いほど高くなります。

そして、尾行時に車やバイクで移動すると、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。探偵による調査は高額ですから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に悟られず尾行をするのは楽なことではないといえます。

勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

相手の行動を見逃さないためには、プロに浮気調査をお願いするべきです。

ここから